MENU

TOP環境活動紹介一覧中国電力株式会社

中国電力株式会社

取り組み内容

中国電力グループは「S+3E」(安全性〈Safety〉を大前提とした、安定供給〈Energy Security〉、経済性〈Economic Efficiency〉、環境への適合〈Environment〉を同時達成する)を基本に、さまざまな発電方法を組み合わせる「エネルギーミックス」の実現や、限りある資源を効率的に利用し、リサイクルなどで循環させながら、将来にわたって持続して使い続けていく循環型社会の形成を推進する廃棄物の再資源化等、環境負荷の低減に資する取組を積極的に進めています。
2021年2月には、率先して2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにするカーボンニュートラルに取り組んでいく、そんな思いを込めて、「中国電力グループ『2050年カーボンニュートラル』への挑戦」を公表しました。

当社の脱炭素に向けた取り組みを紹介します。
カーボンニュートラルについて紹介します。
大崎クールジェンプロジェクトとカーボンリサイクル技術実証の取り組みを紹介します。
当社の水力発電について紹介します。
最先端技術を導入し、経済性・環境性に優れた石炭火力発電設備を建設しています。
バイオマス発電所を安芸郡海田町に建設、営業運転を開始しました。
運転中にCO2を排出しない原子力発電所について、安全確保を大前提に、稼働に向けた新規制基準適合性審査を進めています。

企業の取り組み資料

2050年カーボンニュートラルへの挑戦
火力発電のトランジション計画
カーボンリサイクル技術の開発

関連するSDGsの目標

6:安全な水とトイレを世界中に
7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに
8:働きがいも経済成長も
9:産業と技術革新の基盤をつくろう
11:住み続けられるまちづくりを
12:つくる責任つかう責任
13:気候変動に具体的な対策を
15:陸の豊かさも守ろう

企業・団体紹介

社名・団体名中国電力株式会社
事業内容電力の製造・販売
住所〒730-8701
広島市中区小町4番33号
URLhttps://www.energia.co.jp/

トップに戻る